社長のわ!
HOME > 社長のわ! >Omage 代表 冨沢 三輪子様
このエントリーをはてなブックマークに追加
Omage(オマージュ)
代表  冨沢 三輪子

医療業界、航空業界で培ったホスピタリティと接遇マナー。日本人が大切にしてきたおもてなしの心を磨くことにより、人間力の向上に繋げる。Omage(オマージュ)代表。



会社名 Omage(オマージュ)
住所 〒320-0053
栃木県宇都宮市戸祭町2638-12-2F
TEL:028-666-7163
e-mail:omage7163@gmail.com
ホームページ http://www.omage.jp/
代表者名 冨沢 三輪子(とみざわ みわこ)
設立日 2013年10月
従業員数 7人(登録スタッフ)
事業内容  ・企業研修(ビジネス、新人)
・接遇マナー研修
・企業に合わせての接遇コンサルタント、サービスマニュアル作成




会社経営で大切にしている事を教えてください
現場の声をしっかりと受け止めながら、実践できるものを提供することを大切にしています。
講習を受けてみて、その場では納得してもいざ現場に戻るとなかなか活用できないという話を良く聞きます。Omageでは研修内容についても、お客様としっかり対話しながら、どういったことが必要なのかを整理し、一緒に創り上げていくよう心がけています。


御社の強み(サービス・商品)を教えてください
自信を持って言えることは、講師の質の高さです。どの講師もホスピタリティに対する意識が最も高いと言われる航空業界を経て、現在も様々な分野で活躍している者ばかりです。
CA(キャビンアテンダント)は常に現場感覚を研ぎ澄まし、気づきの精神を養います。元々「気が利く」タイプの人はまれにいますが、殆どの人は現場で経験を積みながら、どういう所に気づけば良いのかを学んでいきます。Omageでは「どこに気づけば良いのか」というところから、スタートし接遇マナーをひとつひとつ学んでいきます。私自身も元々気が利くタイプの人間ではありませんでした。どんな人でも訓練すればできるようになることを体感して頂きたいと思います。


栃木県を元気にする為に実施している事、したい事はありますか?
元々自分自身が起業したきっかけは病気でした。病気により手足が動かなくなり6か月も入院、そして退院後も続くリハビリ。仕事だけではなく、家族の中で母としての役割もできず、つらい日々が続きました。今現在は体調も良くなり、こうやって接遇コンサルタントとして働くことができていますが、自分の経験を元に、子育てや年齢を理由に一歩踏み出せない人の背中を押してあげられたらと思っています。
「おもてなしの県、栃木」を目指して、やりたいことは沢山あるのです。


ご紹介元の社長からの質問:今後どのようにお仕事を展開されますか?
これまでは一般企業を対象としてきましたが、今後は医療・介護の分野へ積極的に働きかけを行っていきたいと思っています。病気で入院している間、自分が看護師の時には分からなかった患者の気持ちを痛いほど理解しました。今最もホスピタリティが必要とされているのはこの業界なのでは?と思ったほどです。


取材を終えて
東京オリンピックのプレゼンテーションで、「おもてなし」をアピールした日本。周りを見回した時、昔とくらべて日本のおもてなし精神はどうでしょうか?世界に誇れるものでしょうか?
かつてはファミレスのアルバイト研修ですら、コップを音を立てずに置く置き方や、お客様への料理の出し方など、いかに気持ちよく食事の時間を過ごして頂けるかを教育していました。
景気が低迷する中、経費削減という名の元に、社員教育は手薄になってきています。本当にこれで良いのだろうか?そう思っているところで、冨沢様にお会いし、接遇コンサルタントという職業の大切さを思いました。相手の立場に立って物事を考える。ただそれだけのことがとても難しい。でもなぜ難しいの?それはやはり、そういった意識で生活していないからだと思います。
グローバル化していく社会。立場の違う様々な人々の中で、いかにしなやかに生きていくことができるか。ホスピタリティ。これからキーになる言葉だと思います。  






PAGE TOP