社長のわ!
HOME > 社長のわ! >菜食惣菜工房いもあん。 石下尚美様
このエントリーをはてなブックマークに追加
菜食惣菜工房いもあん。
代表  石下尚美

野菜ソムリエの資格を持ち、地元野菜を沢山の人に美味しく食べてもらえるよう、日々工夫を凝らす。お惣菜を販売するだけじゃなく、その食材の調理方法等も指南。菜食惣菜工房いもあん。代表。



会社名 菜食惣菜工房いもあん。
住所 栃木県 芳賀郡芳賀町 大字祖母井842-1
ホームページ http://www.michinoeki-haga.gr.jp/haga/sisetu_imoan.htm
代表者名 石下尚美(いしげなおみ)
設立日 2013年4月
従業員数 5名
事業内容  飲食業
手作り惣菜・お弁当販売
注文販売




会社経営で大切にしている事を教えてください
対面販売を行っていますので、地元に密着したお店であることを心がけております。
スーパーには季節に関係なく、様々な野菜が並びますが、旬の野菜の美味しさは格別です。お客様との会話を楽しみながら、今一番美味しい物はどの食材なのか、相手の健康も気遣いながらお勧めしております。


御社の強み(サービス・商品)を教えてください
地元の野菜を使って全て手作りの惣菜を提供していることです。惣菜を販売するだけでなく、野菜ソムリエの資格も持っていますので、今、旬の野菜そして新しい食材の美味しい調理方法などの提案もさせていただいております。
基本的に、注文いただくお弁当についても、おまかせで作らせていただいております。それは何故かと申しますと、旬の食材を最も美味しい方法で調理してお出ししたいと思っているからです。

また、地元生産者さんのこだわりもお伝えしながら、生産者と消費者の距離を縮められたらと思っております。


栃木県を元気にする為に実施している事、したい事はありますか?
まず、芳賀町から元気を発信していきたいと思っています。芳賀町の広報やケーブルテレビの「はがチャンネル」で生産者さんを回って食材の食べ方やこだわりを伝える番組を受け持っています。芳賀町から、地元野菜、そして野菜ソムリエとしての自分も積極的に発信していきたい。
今日食べたものが、次の日の自分を作るのです。お腹が空いたから、適当にその辺にあるものを食べる、ということではなく、旬のものが何なのかを理解しながら、それらを美味しく調理し、「食べることを楽しむ」ということを広く伝えていきたいと思っております。
体が健康であれば、自ずと地域も元気になります。何かがかけていたら丸にはならない。皆が「バランスよく」と意識するだけで、食に対する意識は大きく変わります。皆さん、もっと野菜を食べましょう! 


取材を終えて
お惣菜は、持ち帰ったお客様がそのまま食べるかもしれない。温めて食べるかもしれない。どんな状況で食べても美味しく食べられるよう工夫をしていると仰っていた石下様。お客様にとって、美味しいことはもちろん、その方の健康を気づかって、素材・調味料、全てにこだわるその細やかさは、「食べる」ということに対しての深い愛を感じます。
将来的には農園レストランを経営したいと仰っていましたが、美味しい採れたての野菜をその場で食べる贅沢。想像するだけでワクワクします。
野菜をどう調理して良いか分からなくて、いつも同じ野菜ばっかり買ってしまう。そんな時、側に野菜ソムリエがいてくれたらどれほど幅が広がるでしょうか。これからがとても楽しみです。

石下様も所属してらっしゃる「野菜ソムリエコミュニティ栃木」。Facebookページもあります。
https://www.facebook.com/277244982452887  



お友達の社長
MonChou(モンシュ) 代表  清嶋和仁社長 Click



PAGE TOP