社長のわ!
HOME > 社長のわ! >有限会社 映像屋ワカメダ 代表取締役 若・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
有限会社 映像屋ワカメダ
代表取締役  若目田利浩

番組制作等からブライダル、学校企業等のプロモーションビデオ制作まで、幅広くカバー。極真カラテで鍛えた体力とフットワークの軽さで常に仕事の依頼が途絶えない。有限会社 映像屋ワカメダ 代表取締役。



会社名 有限会社 映像屋ワカメダ
住所 栃木県大田原市薄葉2273
TEL:09025547139
wakame@io.ocn.ne.jp
ホームページ http://www.media-arts.ac.jp/teacher.html
代表者名 若目田利浩(わかめだとしひろ)
従業員数 3名
事業内容  ・ブライダルビデオ・写真撮影
・プロモーションビデオ制作
・各種イベント撮影
・番組制作
・プロジェクションマッピング制作
・学校法人宇都宮メディア・アーツ専門学校講師




会社経営で大切にしている事を教えてください
最も大切にしていることは人とのつながりです。
バブル崩壊後、勤務していた会社の経営が傾き、独立することになりました。本当にやれるのか?と自分自身不安を抱えていた中、仕事をくれたのは昔から付き合ってきた方々や、大先輩たちでした。
独立後の挨拶まわりで仕事をご紹介いただいたりすることは、今思えばとても幸運で、そして有り難いの一言につきます。だからこそ、関わる人たちは、パートナーであれ、お客様であれ大切にしたいと思いますし、今度は自分も誰かを助けられたらと思うのです。


御社の強み(サービス・商品)を教えてください
制作会社に勤務していた頃から、長く映像の仕事をしてきたので、お客様自身もどう表現して良いか分からない漠然とした希望、要望を汲み取り様々な提案をすることができます。こなしてきた仕事が多いからこそ、相手の欲しいと思うものを察することもできますし、ある程度のイメージをいただければ、おまかせで作成し、満足していただける自信もあります。
また、横の繋がりも強いので、様々な分野のプロたちがバックに控えていると思っていただきたい。
「この人に頼みたい!」そう思ってもらえるサービスを提供できることが最も大きな強みかもしれません。


栃木県を元気にする為に実施している事、したい事はありますか?
若い人たちに夢を与えたいと思っています。
宇都宮メディア・アーツ専門学校で13年以上講師をしていますが、卒業生との繋がり、そしてフォローは大切にしています。
自分が夢を持って若い人達に映像制作の楽しさを伝えていくことで、「頑張ればできる!」ということを知って欲しいと思っています。楽しんで仕事をするということは、あまりに理想的で「そんなのあり得ないよ」という人もいるかもしれません。「でも、なれるよ!」そう伝えていきたいのです。
仕事なので、大変なこともありますし、クオリティを追求するところと、納期のバランスなど難しいところもあります。でも、好きで始めたことだから、頑張れる。だからもっともっと夢を持って欲しいと思うのです。


取材を終えて
取材の最後に極真カラテ(新極真会)をやっていることをお聞きしました。「まだ茶帯なんですが...」と恥ずかしそうに仰る奥ゆかしさに、心の中で「極真の茶帯なら十分じゃないか!」と密かにツッコミを入れました。
長年講師として教えてきたキャリアもあるかと思いますが、初対面でもとても話しやすく、穏やかな口調でありながらも、仕事に対する自信や熱い思いはしっかり受け取ることができました。
基本を学ぶことの大切さなど、ここには書ききれない沢山のお話をお聞きし、まさに「この人に頼みたい!」そう私自身が思ったひとときでした。  






PAGE TOP