社長のわ!
HOME > 社長のわ! >清水音楽事務所 代表 清水孝宏
このエントリーをはてなブックマークに追加
清水音楽事務所
代表  清水孝宏

作詞・作曲からイベントプロデュース、タレントのブッキングまで音楽のことなら全てサポート、清水音楽事務所 代表。県内でこれほど幅広くカバーできる音楽事務所は希少。



会社名 清水音楽事務所
住所 栃木県宇都宮市新里町丁1644-6
ホームページ http://www.shimizutakahiro.com/
代表者名 清水孝宏(しみずたかひろ)
設立日 2013年5月
事業内容  ・原盤制作、楽曲管理、楽曲配信、作詞、作曲、アレンジメント
・音響、コーラス、レコーディング、マスタリングエンジニア
・メディア戦略アドバイザー
・タレント及びアーティストブッキング・キャスティング
・コンサート&イベントの企画運営、講演、講師派遣、ボイストレーニング等




会社経営で大切にしている事を教えてください
第一に考えていることは「おもしろいことをやりたい!」ということです。その根底にあるものは、「相手がおもしろいと思うことを提供していきたい」ということ。音楽というものは形がありません。音楽が無くても生きてはいけるけれども、音楽が無い人生がどれほど寂しいか!
こと音楽に関しては「こうじゃなきゃいけない」ということは何一つ無いので、常に聴いてくれる人の気持ちを考えながらおもしろいことを実現しようとしています。


御社の強み(サービス・商品)を教えてください
まず栃木県内に歌も歌い、作曲もし、裏方もやるという音楽事務所は他には無いと思っています。イベントでも会社のPRソングでも、どんな要望にも応えられる自信があります。私でできない部分に関しては、これまで培った横のつながりを利用して、出来る人を紹介するということも可能です。
そして私自身アーティストとして活動もしていますが、基本的には音楽は聴く人のものだと思っています。それなので、楽曲を提供する際も、その人がどんなものを求めているか、どういうものが好きなのかにフォーカスし、自分が良いと思うものではなく、お客様が良いと思うものを提供するようにしています。「自分を主張しないということが、自分の主張」それが清水音楽事務所の強みです。


栃木県を元気にする為に実施している事、したい事はありますか?
常に「他じゃやらないことを自分がやろう!」と思っています。現在サトーカメラさんのプロデュースで「夢授業」というプロジェクトを行っており、県内の小学校に訪問し音楽を通して子どもたちに夢を持つことの大切さを伝えています。
現代の子どもたちは、それぞれぼんやりとした夢を持っていながらも、それを表現することができでいません。私の経験なども元に、これからの子どもたちがより未来に希望が持てるように、少しでも力になれたらと思っています。


取材を終えて
「音楽は聴く人のもの」と仰っていた清水様。たとえ自分が歌わなくても、それが誰かの手に渡り、そこで広く歌われたらそれこそ本望と。
「自分が良いと思っていることが良いとは限らない」という言葉は、相手に対する優しさであり、音楽に対する敬意のあらわれと感じられました。傲慢さは微塵もなく、その控えめな優しさは、私の中のミュージシャンに対するイメージを大きく変えました。これから清水様が展開していく音楽、イベント、何もかもが要チェックです。

清水様が次に紹介してくださる社長は映像クリエイターの若目田利浩様。音楽から映像へつながる社長のわ!どんなお話が聴けるか今から楽しみです。  



お友達の社長
有限会社 映像屋ワカメダ 代表取締役  若目田利浩社長 Click



PAGE TOP